競艇の控除率って何?
内訳やギャンブルで稼げる方法をご紹介

競艇の控除率って何?内訳やギャンブルで稼げる方法をご紹介

ギャンブルが好きな方は、
控除率という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
控除率とは宝くじや競馬などを開催する運営、
俗にいう胴元が賭けた金額の徴収割合です。
ここでは控除率や控除率の内訳、
控除率を考慮した稼ぐ方法をご紹介いたします!

競艇の控除率は25%

競艇の控除率は25%

競艇は競馬や競輪と同じく、公営ギャンブルのひとつ。
公営ギャンブルの控除率は25%です。
賭けた金額から25%の額が引かれ、残りの75%を的中者で分ける仕組みです。
でもこの25%は何に支払われているのでしょうか。
競艇控除率の内訳をご覧ください。

■控除率の内訳
  • 日本財団への交付→約2.8%
  • 日本モーターボート競走会への交付金→約1.3%
  • 地方公共団体金融機構への納付金→約0.2%
  • 開催経費(賞金や従業員の給与)→約13.7%
  • レースを主催する地方自治体(収益)→7%

競艇控除額はこのような配分となっています。
25%のうち、ほとんどが賞金や従業員のお給料に使われているんですね。

控除率のせいで舟券を買った時点で損をしている?

控除率のせいで舟券を買った時点で損をしている?

競艇をはじめとする公益ギャンブルは、券を買った時点で25%引かれてしまいます
控除後の75%の金額を当たった人同士で分けるため、オッズの低い鉄板レースに賭けても、儲けることができないんです
的中率はいいけど回収率が全然上がらない…、そして結局損をしてしまう。
こんな風になってしまうんですね。
なので、競艇で稼ぐためには的中率を重視しすぎると、失敗に終わってしまう可能性があるんです!
では、競艇で稼ぐためにはどうすればいい?
競艇で回収率を高める方法はとてもシンプル。
それはオッズの高い、買い目を購入すること。

『オッズが低かったら逆に的中率が下がって、全然稼げないのでは?』

もしかするとあなたはこんな風に思っているかもしれません。
確かに、素人が闇雲にオッズの低い舟券を買っても、回収率が上がるどころか的中率が下がり、大きな損失が生まれてしまいます。

そこで競艇予想サイトの出番です!

競艇で稼ぎたいなら予想サイトを使うべき

競艇で稼ぎたいなら予想サイトを使うべき

競艇はわずか6艇で戦うため、確率的には競馬よりも当たりやすいことになります。
ただ、競馬と違うのが順位に関わる要因が多く複雑なところ。

競艇は選手の体調やモーターの調子、競艇場の水面の特徴や選手のクセなど…
すべて考慮して予想を立てなければいけないんです。
なかでもモーターの様子などは関係者にしかわからない情報なので、素人ではなかなか大穴レースを当てることができません

そこで活用したいのが、競艇予想の情報を配信しているサイト。

元スポーツ新聞の記者や業界関係者とつながっているので、調べられない裏情報を加味した質の高い予想を知ることができるんです。

ただ、なかにはインチキな詐欺まがいのサイトあるので、競艇予想サイトを選ぶときは注意が必要。
実績がある信頼できるサイトを選んでくださいね。

控除がある競艇で稼ぐには回収率を上げよう!

控除がある競艇で稼ぐには回収率を上げよう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
ここでは競艇の控除率について、お伝えいたしました。

競艇を含む公営ギャンブルは賭けた時点で一部控除されてしまうので、
鉄板レースばかり狙ってしまうと、的中率は上がっても回収率が上がらずに
ずっと損をし続けてしまいます。
なので、オッズの高いものを当てるのが、稼げる方法です。
ただ、オッズが高い舟券を素人が予想すると、的中率が格段に下がってしまいます。
もし稼ぎたいのでしたら、
関係者の情報を考慮して予想を立てている競艇予想サイトを活用するのがオススメ!

当サイトのTOPページではオススメの競艇予想サイトをご紹介しているので、
こちらもぜひ参考にしてくださいね。